シャノアールについて

沿革

年代 シャノアールの主な出来事 フードビジネスの動向
1965年 1号店「珈琲館シャノアール福生」開店
1969年 3号店「新宿珈琲館&洋酒館」開店(2毛作) 大手外食チェーン店続々誕生
1970年 大手ファーストフード、ファミリーレストラン開業
1971年 外食の市場規模3兆円超す
1973年 コーヒーマシンの導入、美味しいコーヒーを多くのお客様に
1975年 飲食店総数57万、売上上位100社の店舗は2%に
1981年 FC急成長により、本部と加盟店のトラブルが続発
通産省は「FC近代化元年」としてFC本部登録制開始
1983年 ビール・食品メーカー各社の外食参入が相次ぐ
1986年 50号店「シャノアール東村山」開店
関連会社あゆみブックス1号店(東村山店)
新業態「カフェ・ベローチェ」開発
通産省の飲食店統計で、初めて飲食店舗数が減少を示す
生業店・零細店が激減。外食の産業化。上位集中が進む
1987年 喫茶店業界は、150円コーヒーと高級路線に二極分化
1988年 外食市場規模が22兆と、はじめて20兆円台に
1990年 安定成長を続けていたファミレスに限界論
大手各社、事業再構築に着手
1992年 外食は「ゼロ成長時代」に突入(主要企業売上伸び率1%を割る)
1993年 東北(仙台地区)に進出 この頃より、コンビニ弁当など「中食」(なかしょく)がライバル視され始める
1994年 100号店「シャノアール飯田橋店」開店
1995年 「健康志向」を受け、有機野菜メニューが人気に
O-157事件が世間を騒がせ、外食各社で衛生管理が徹底される
1996年 新業態「ブック&カフェ」開発(綱島店)
エスプレッソの導入
外食市場が30兆円規模に(29兆6,778億円:外食総研推計値)
1997年 新業態「イタリアンレストランリアナ・パデッラ」開発
カフェ・ベローチェ九州に進出
カフェ・ベローチェでコーヒー豆、関連グッズの販売開始
この頃、アメリカで始まった「HMR」(ホーム・ミール・リプレイスメント)が日本でも注目を集め始める
2001年 BSEや「鳥インフルエンザ」等の発生により、「食の安心・安全」への対応を迫られる
2002年 社内にクラシフィカドール(コーヒー鑑定士)誕生
カフェ・ベローチェ関西に進出
2003年 200号店「カフェ・ベローチェ春日駅前店」開店
2005年 カフェ・ベローチェ広島に進出
2006年 本社移転
2007年 新業態「カフェ・ラ・コルテ」開発 M&Aにより進む業界再編
2008年 シャノアール研修センター完成
2009年 カフェ・ベローチェ愛知に進出